キャンプでは、いちばん働いた者が帰りの車のドライバーになる。<はしもといわお・アウトドアの掟>

タープ

タープ

 タープを選ぶために
 
 今時のタープは美しいフォルムをしていますね。特にヘキサゴンタイプやペンタゴンタイプは美しさだけではなく、比較的広い空間を作ってくれます。
 で、簡単ですが、お勧めはこのヘキサゴンタイプかペンタゴンタイプです。たぶん、@峰が強調することもなく、皆さんがちょっと考えたらこれらになると思います。少人数の大人のキャンプには最適だと思います。
 結論を急ぎすぎる?そうですか、では少しだけタープの種類と特性を書いておきます。
 
 四角形のタープにはレクタングラーとウイングがあります。
 レクタングラータイプは大きな長方形の布を6本のポ-ルで立ち上げます。真ん中の2本がやや高く、屋根型が基本です。風に弱い特性があります。
 ウイングタイプはひし形の布の対角に2本のポールを立て、他の2角をロープで張るタイプのタープです。小さなタープに用いられ、空間は狭い。
 六角形のヘキサゴン(ヘキサ)タイプのタープはウイング型から派生したものです。ウイングのポールのない2角の布を大胆にカットしたようなものです。ウイングより広い布が使え、より広い空間を作ることができます。ウイングより風に強い。
 五角形のペンタゴン(ペンタ)はヘキサゴンタイプの変形です。こちらもウイングより広い空間とより風に強い特性を持ちます。
 代表的なのはこの4つです。ここのホームページの目的である格好よさを追求するなら、先にも書きましたが、どうしてもヘキサゴンかペンタゴンでしょう。他に、その延長線上にあるタープもありますが。
 実用を考えるともう一つ、小さいレクタングラーの布だけも使えます。布だけだとかさばらないので、予備として持っていくのがよいでしょう。立ち木や車を利用して使います。
 
 ここまでは形の話をしましたが、そのほかに重要なのは縫製がしっかりしているか。防水性は確かか。そしてやはり色ですね。テントと同じで、自然にマッチした色をしているのがいいですね。
 
一押しのタープ
スノーピーク(snow peak)
HDタープ シールド・ヘキサ
icon
icon
 
サイズ M
やはりヘキサタープが格好いいですね。
 
タープの商品紹介へ