あれば必ず爆発的に売れるテントは「防音機能つき」である。<はしもといわお・アウトドアの掟>

ランタン

 
 素晴らしい灯油ランタンたち勢ぞろい
ランタン
 焚火大好き人間としましては、焚火の横ではランタンは無力に感じます。勿論光量はガソリンランタンやガスランタンの方が大きいものがあります。しかし、そんなものは焚火をしている時は必要がないのです。
 だからといってランタンを全否定しているわけではありません。焚火が主役になる時だけを言っているのですから。それ以外ではやはりランタンの光りは好きですし、必要を感じます。
 ただ、電池のランタンとガスランタンは嫌いです。電池は論外です。ガスランタンはデザインからして、また使い捨てということからして、軽薄な文明社会に浸かっているようで嫌いです。ガスはランタンだけではなくストーブも嫌いです。勿論同じことが言えるからです。
 
 と、ここまでは大前提です。ここからが本題です。
 みなさんは、ランタンの光りに何を求めますか。<@峰>は優しいぬくもりを求めます。時々は強い光りが欲しい時もあります。そこを基点にランタンを見つけてみたいと思います。
 今流行はガスとガソリンのランタンですね。ガスは先の理由からここでは省きます。ガソリンランタンは強い光りを必要とする時に使いたいですね。暗くなってから、作業をする時、料理をする時などは役に立ってくれます。しかし、必要以上の明かりは自然界にマッチしないので、ほどほどに。
 ガソリンランタンはコールマンの独壇場ですね。その中から選ぶことになりますが、必要以上の明るさは敬遠したいと思いますので、ここではワンマントルのものだけを紹介します。
 
 もう一つが、灯油を使ったランタンです。これこそが<@峰>がランタンに求めるものです。灯油ランタンは気軽に手に入れるのは難しいようですね。でも、ここはあえて、一押しです。
 私がイメージする灯油ランタンはみなさんが「ランプの宿」などでイメージするランプとは少し違うと思います。もっと高級感のある、しかし自然界にあっても違和感のない、そんなランタンです。勿論、愛着が湧くこと請け合いです。アウトドアダンディズムには最適だと思います。
 ペトロマックスなどは中国製のレプリカ(名前はもちろん違います)が出ているようですが、よく出来ていたとしてもやはりいただけません。アウトドアダンディズムに反します。やはり、本物のペトロマックス、ヴェイパラックスですね。
 
ランタンの商品紹介へ