キャンプ料理とは家庭料理の2倍の材料費をかけ、2分の1の量を作ることである。<はしもといわお・アウトドアの掟>

鉈

 鉈を選んでみる
 
 日本の刃物は先のナイフもそうですが、定評がありますね。鉈もその一つでしょう。西欧での手斧と同じ使い道のようですが、形はだいぶ違います。
 キャンプで薪をつくる時に一番必要なのは鉈でしょう。使い勝手のいい鉈が一本あると、薪割りも楽しくなります。
 一口に鉈といっても、地方によってその形がずいぶん違うようです。ですから、それを選ぶのも楽しみといえば楽しみです。でも、初めて手にする方は一般的な形のもので、両刃のものがいいでしょう。刃の長さは15~21cmくらい。長すぎたり短すぎたりするのは初心者には向きません。柄の長さは刃の長さと扱いやすさとの相談ですが、刃の短い鉈なら刃よりやや長め、刃の長いものならやや短めというところでしょうか。
 鉈も量販店の安物はやめてくださいね。怪我の元ですし、ステータスにもかけますから。昔ながらの鍛冶屋が打ったものをここでは紹介したいと思います。
 枝打ち用の鋸とツインになったものも入れておきますので、鋸の参考にもしてください。
 
一押しの鉈
土佐火造り鉈『極上』【腰ナタ両刃】青紙鋼並幅180mm

刃渡り180mm
鞘入全長410mm
両刃
 
鉈の商品紹介へ