風にあおられたタープの張り綱を間一髪つかんだ人が、キャンプでいちばん尊敬される。<はしもといわお・アウトドアの掟>

野鳥図鑑

 
 おすすめの野鳥図鑑

 野鳥図鑑は大きく分けて、絵のものと写真のものとがあります。最近は写真のものが増えましたね。さて、どちらがいいでしょう。
 写真のものは、見慣れているし臨場感がありますね。絵のほうは臨場感はありません。しかし、細部の特徴などまでよく描かれています。
 本当をいうと、図鑑は一種類ではだめです。これは鳥だけではなく、植物も。片方には載っていないことがもう一方には載っているなんて事がよくあります。そこで、絵と写真のものを併用するのが一番かと思います。一冊に限定するなら絵のほうでしょう。種を特定するにはこちらの方がわかりやすいです。
 ベテランのバーダーが持ち歩く時の図鑑は何種類かに決まっています。先ずはそれを紹介します。
 つづいて、その他の持ち歩ける図鑑。次に卓上の図鑑。
 最後に特殊な図鑑を紹介します。
 
野鳥図鑑の商品紹介へ