ロマンのない男は失望される。ロマンを求めて旅にでる男は失望する。<はしもといわお・アウトドアの掟>

カメラ・レンズ

カメラ

 おすすめの野鳥用カメラ・レンズ
 
 カメラに関しては野鳥だけではなく植物・花を撮るのにもいいカメラを選んでみます。そうなると当然交換できるレンズのラインナップの揃っている一眼レフカメラということになります。
 昨今の事情により、一眼レフカメラもデジタルになってしまいました。私としてはフィルムカメラ(銀塩)も捨てがたいと思うのですが、残念ながらほとんど出回っていません。実は私もデジタル一眼になってしまいました。
 では、デジタル一眼で進められるカメラは・・・というよりもカメラメーカーはといった方がいいかもしれませんね。それは「ニコン」と「キャノン」です。
 世界のニコン。日本のキャノン。といわれるくらいですから。カメラとレンズと両方に定評があります。外国映画で一眼レフカメラを持っている場面が出てきた時にはほとんどがニコンで、少しキャノンが入っていますね。その他の日本のメーカーはまず見たことがありません。 現在のデジタル一眼のシェアを見てもこの二社で80%以上をしめているのではないでしょうか。(詳しくは調べていませんが)
 レンズはニコン使用、キャノン使用のレンズメーカーのレンズもありますが、やはり純正がベストです。特に野鳥を撮るような超望遠はこの二社のレンズで決まりでしょう。
 最近はデジ一眼も廉価物が出てきましたね。でもやはり安いものはそれだけの物でしかありません。ちょっと使うと、不足の部分にすぐにぶつかります。この二社のカメラの中でもダンディズムに耐えられるものは数機しかありません。それを紹介します。
 レンズは300ミリ以上の物を紹介しますが、一番のおすすめは600ミリです。デジタル一眼はカメラの中で1.4倍や1.5倍になりますので、600ミリレンズで昔で言えば800ミリ・900ミリの倍率に匹敵します。
 超望遠の中では低倍率の300ミリ・400ミリなどは手持ちができる便利さがありますので、これはこれで使い道は結構あります。
 
野鳥用カメラ・レンズの商品紹介へ